CSR

CORPORATE SOCIAL RESPONSIBILITY

HOME >> CSR >> レジャー産業の健全な発展に貢献

レジャー産業の健全な発展に貢献

 日本ゲームカードは、遊技業界の透明性・健全性を高め、業界の近代化及び安定的地位の確保に貢献するために、プリペイドカードシステムを遊技場に導入し、運営することを目的として、平成元年に設立されました。

 日本ゲームカードがご提供するカードシステムは第三者型システムと呼ばれ、遊技料金の決済方法を現金決済から第三者が発行するプリペイドカード決済に変更するのみならず、第三者である当社がホール様、すなわち遊技場に代わってカードの発行から消費まで責任を持つという極めて透明度の高いシステムであります。

 これにより、ホール様に正確な売上情報を提供し、遊技場経営の合理化を側面から支援いたしております。

 日本ゲームカードは、公共性が高い第三者型のカードシステムの普及を通して国民の大衆娯楽としての遊技をアミューズメントに留まらず、健全な日本文化として定着させることに寄与することを社会的なミッションと認識し、設立以来今日まで一貫してこの理念に基づき事業を展開しております。

年間10兆円を超える金額を決済する信頼のプリペイドカードシステム
プリペイドカードシステムイメージ
PAGE BACK
PAGE TOP